一人暮らしのインターネットに光回線は必要?

光回線

これから始まる一人暮らし。新しい生活は楽しい反面、一人で生活費をまかなうのは大変です。そのため、少しでも節約しようと考え、インターネット料金を見直す人がいます。中にはインターネットをスマホの通信だけで済ませる人も。

とはいえ、今や生活に欠かせない存在になったインターネット。安定した速さでインターネットが使えるかどうかは、快適な暮らしと切っても切り離せない関係です。

  • 「結局、一人暮らしのインターネットに光回線は必要なの?」
  • 「手軽なモバイルWiFiやホームルーターじゃダメ?」

と悩んでいませんか。

結論を言ってしまうと、一人暮らしのインターネットに光回線は必要不可欠です。この記事では、一人暮らしのインターネットの接続方法と光回線が欠かせない理由を徹底解説します。合わせて一人暮らしに最適な光回線をピックアップしました。

一人暮らしのインターネット接続方法

インターネットの接続方法はいろいろありますが、一人暮らしの場合は、たいてい次の3つに絞られます。

  • モバイルWiFi
  • ホームルーター
  • 光回線

この中から最適な方法を選ばなければなりません。それぞれの接続方法の特徴を見ていきましょう。

モバイルWiFi

モバイルWiFiとは、手のひらサイズで持ち運べるWiFiルーターのこと。特徴は3つあります。

  • 工事が要らない
  • 外出先に持ち出せる
  • 通信量が少なく、速度や安定性に難アリ

モバイルWiFiは、光回線のような工事が必要ありません。契約し手もとにルーターが届いたら、すぐにインターネットに接続できます。一人暮らしを始める直前に契約しても、初日からインターネットを使える環境を整えやすく便利です。また、光回線のように新設工事の待ち時間や解約に伴う撤去工事などがないため、気軽に始められます。

モバイルWiFiは持ち運べるため、外出先でもスマホやパソコンをインターネットを使えます。通勤・通学の電車の中で、行きつけのカフェでフリーWiFiがなくてもインターネットに接続できます。

ただし、モバイルWiFiは通信量が制限されている場合が多く、動画を見たりゲームをしたりすると通信が制限されやすいのがデメリット。手軽に始められるものの、使い勝手はイマイチです。

ホームルーター

ホームルーターは、据え置きタイプのWiFiルーター。SoftBank Airやドコモ home 5Gが有名です。ホームルーターの特徴は次の3つです。

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!
  • 工事が要らない
  • 通信量は無制限
  • 通信速度と安定性がイマイチ

ホームルーターは、モバイルWiFiと同様に工事が必要ありません。コンセントにプラグを挿し電源を確保して使うため、持ち運べないものの、すぐにインターネットに接続できます。

また、ホームルーターは通信量が無制限なため、通信量不足で悩まされる心配はありません。

しかし、ホームルーターは光回線のように有線でつながっておらず、速度と安定性は光回線より劣っています。速度や安定性は、住んでいる地域や住居の形状、さらにはホームルーターの設置場所などによっても大きく左右されます。そのため、どれほど安定してインターネットに接続できるかは、一人暮らしの住まいでホームルーターを使い始めるまで正直わかりません。

ホームルーターも一人暮らしのインターネットとして選ばれているものの、コストパフォーマンスや通信性能を考ると、正直おすすめできません。

光回線

光回線は、自宅まで有線でつないでいるインターネット回線。特徴が3つあります。

  • 通信量が無制限
  • 通信が速く安定している
  • 光回線工事が必要

光回線はインターネットの通信量が無制限です。スマホやパソコンのOSアップデート、動画や漫画のダウンロードなどで、どれだけ通信しても制限されません。追加料金が発生することもありません。安心して通信できます。

さらに、光回線は、無線通信するモバイルWiFIやホームルーターに比べ、通信速度が速く安定しています。高画質な動画もカクつくことなく視聴できたり、ゲームも遅延なく入力したコマンドどおりに操作できたりと、非常に快適です。

ただし、光回線は工事が必要なため、一人暮らしを始める前に検討しておくほうがよいでしょう。工事期間を見越して、可能なら1ヶ月ほど前から準備しておきます。

工事が必要という唯一のデメリットさえクリアできれば、インターネットの快適性は光回線が断トツ1位。一人暮らしであっても、インターネットの接続方法として光回線を選ぶほうが毎日の暮らしも快適に過ごせます。

一人暮らしのインターネットに光回線が必要不可欠な3つの理由

一人暮らしのインターネットに光回線が必要不可欠な3つの理由があります。

  • 通信量が無制限
  • 通信が速く安定している
  • 通信が安定している

1つずつ解説します。

通信量が無制限

一人暮らしのインターネットにも光回線が必要なのは、通信量が無制限だからです。

「一人暮らしで、インターネットを使うのは自分ひとり。通信量は少なくても大丈夫。」と思うかもしれません。ただ、通信量は一人であっても意外に消費するものです。特に、昨今はテレワークの推奨や動画コンテンツの高画質化で、ますます通信量が必要になってきました。

大容量通信が必要な場面はさまざまです。

  • Zoomなどのオンラインビデオ会議
  • YouTubeの視聴
  • パソコンのOSアップデートやアプリの更新

それぞれの通信量の目安を確認してみましょう。

 

Zoom 2時間およそ1.2GB
YouTube 2時間およそ1.0GB
Windows OS更新およそ4.0GB

 

思っている以上に通信量を消費することがわかります。

もしもテレワークや大学の講義などで毎日Zoomに接続したり、毎日YouTubeを視聴したりするなら通信量不足に陥るでしょう。

プライベートでも仕事でもインターネットを快適に使うには、一人暮らしであっても無制限にインターネットが使える光回線が必要です。

通信速度が速い

一人暮らしのインターネットにも光回線が必要なのは、通信速度が速いからです。光回線とモバイルWiFi、ホームルーターの通信速度は想像以上に違います。比較表をご覧ください。

 

回線下り速度上り速度
光回線307.4233.4
モバイルWiFi38.39.5
ホームルーター83.111.6

(単位:Mbps)

データ参照:みんなのネット回線速度(2021年09月24日時点)

 

下り速度、上り速度ともに値の大きな数字ほど速いです。光回線はモバイルWiFiやホームルーターよりはるかに高速。特に、上り速度は20倍以上の差があります。

通信速度が遅いために、映像がカクついたりファイル送信を長時間待たされたりしては仕事になりません。また、オンラインゲームで快適に遊びたいなら、下り速度は100Mbps以上が最低条件と言われます。モバイルWiFiやホームルーターでは厳しいでしょう。

一人暮らしでも、通信速度の速い光回線を選ぶほうが仕事もプライベートも快適に過ごせます。

通信が安定している

一人暮らしのインターネットに光回線が必要なのは通信が安定しているからです。時間帯に左右されず、いつでも快適に使えます。

光回線、モバイルWiFi、ホームルーターそれぞれの下り速度を時間帯ごとに比較しました。

回線夕方深夜
光回線344.33299.28279.31235.24311.04
モバイルWiFi43.8234.6936.1123.949.64
ホームルーター84.8966.2720.9515.7255.07

(単位:Mbps)
※光回線は「ぷらら光」、モバイルWiFiは「WiMAX 2+」、ホームルーターは「SoftBank Air」を参考にしました。

データ参照:みんなのネット回線速度(2021年09月24日)

 

光回線は、時間帯に関わらず高い水準をキープしています。他方、モバイルWiFiとホームルーターは混雑しやすい夕方や夜に速度が大きく下がっていました。夕方や夜に速度が低下してしまうと、残った仕事をオンラインで続けたり、仕事が終わって自宅でインターネットを楽しんだりするのに支障が出ます。

やはり一人暮らしであっても光回線は必要です。

一人暮らしのインターネットにおすすめな光回線はぷらら光

一人暮らしのインターネットにぴったりな光回線は、ぷらら光です。ぷらら光をおすすめする5つの理由を解説しました。

ぷらら光は基本料金が安い

一人暮らしの光回線にぷらら光がおすすめなのは、基本料金が安いからです。よくおすすめされる光回線と基本料金を比べましょう。

 

回線集合住宅戸建て
ぷらら光3,960円5,280円
ドコモ光4,400円5,720円
auひかり4,180円5,720円
softbank光4,180円5,720円

 

ぷらら光は、一人暮らしでよく利用する集合住宅の基本料金が最安値です。他社との差額分だけ毎月お得になると考えれば、うれしいですよね。1年2年続けるとかなり節約できます。

基本料金が安いので、ahamo・LINEMO・povoなどの低価格帯の携帯キャリアを利用している人におすすめです。というのも、ahamo・LINEMO・povoはいずれも、光回線とのセット割が適用されないからです。キャリアの光回線を利用したところで「1人当たり毎月最大1,000円割引」になるセット割の特典を受けられません。

低価格帯の携帯キャリアや格安SIMの利用者はもちろん、安さにこだわりたいなら基本料金の安いぷらら光がおすすめです。

ぷらら光は違約金と縛りがないうえ解約時の光回線撤去工事費が不要

ぷらら光は違約金と契約期間の縛りがないうえ、契約時の光回線撤去工事費がかかりません。

一人暮らしをされる方の中には、学校の卒業や単身赴任の終了に伴って引っ越す人もおられます。引っ越し時は光回線を解約しなければなりませんが、もし契約期間の縛りや違約金があると、解約は大きな負担になります。

でも、ぷらら光は契約期間の縛りと違約金がないため、都合に合わせたて気兼ねなく解約できます。

さらに、解約時に光回線の撤去が必要になった場合も、費用の自己負担はありません。ぷらら光に回線提供するNTTが撤去工事費を負担してくれます。

「いつ解約するか分からない」「短期間しか利用できない」という一人暮らしの方も安心して利用できます。

NTTグループのバックボーンとサポートで安心

ぷらら光が一人暮らしにおすすめなのは、バックボーンがNTTグループであり、サポートも含め安心して使えるからです。

ぷらら光のインターネット回線は、フレッツ光と同じで、NTTグループが管理しています。大企業がバックボーンなので、平時の通信安定性はもちろん、災害時の回線復旧やサポートも高品質ですばやく信頼できます。

一人暮らしで回線トラブルがあれば、すべて一人で対応しなければなりません。代わりに業者に連絡したり訪問サポートに対応したりできる人がいないので、トラブルがあると大変です。

その点、NTTのバックボーンで安定したぷらら光は一人暮らしにぴったりです。さらに言えば、NTTのバックボーンで安定しているので長期利用も安心できますよね。

IPv6 IPoE接続に対応

ぷらら光はIPv6 IPoE接続に対応しています。

「ぷららV6エクスプレス」という名称のIPv6 IPoE接続は、従来のIPv4 PPPoE接続より安定して高速です。IPv4 PPPoE接続では、通信混雑の要因となっていた網終端装置と呼ばれる場所を経由しインターネットに接続されていました。しかし、IPv6 IPoEでは網終端装置を経由せず、直接インターネットにつなげられます。それで、IPv6 IPoE接続は速度が速く安定しています。

ぷらら光はIPv6 IPoE接続が標準提供されています。つまり、

  • 申込不要
  • 初期費用無料
  • 月額料金無料

ということ。ぷらら光を利用すれば、自動的に最先端のインターネット接続が利用でき快適です。

WiFiルーターのレンタルが無料

ぷらら光はWiFiルーターを無料レンタルしてくれます。

一般的にはWiFIルーターは300円前後で有料レンタルされることが多いです。特に、ぷらら光のような基本料金の安い光回線の場合、その傾向は顕著。しかし、ぷらら光は基本料金が安いのにWiFiルーターのレンタルが無料なので、お得です。

無料レンタルされるWiFiルーターの性能も高く、IPv6 IPoE接続にもしっかり対応しています。

まとめ

一人暮らしのインターネットでも光回線は間違いなく必要です。光回線は、モバイルWiFiやホームルーターと違って、

  • 通信量が無制限で
  • 通信速度が速く
  • 通信が安定している

というメリットがあります。インターネットは、仕事にもプライベートにも使うものです。一人暮らしであっても、通信量や速度で妥協してしまうと暮らしのどこかに支障が出てきます。

毎月の料金や契約期間の縛りと違約金なども心配ありません。ぷらら光なら、一人暮らしのインターネットを安く快適に導入できます。通信速度の速いIPv6接続に対応し、WiFiルーターも無料レンタルしてくれます。NTTグループの回線を使用しているため、サポートや回線品質も間違いなし。一人暮らしの短期利用はもちろん、長期間の利用も満足できる光回線です。

ぷらら光 キャッシュバック
NTTぷらら提供の光インターネット「ぷらら光」のおトクなキャッシュバックキャンペーン
タイトルとURLをコピーしました